末っ子がガンでした ~1歳半からガンに向き合う~

末っ子キックは2010年5月に腎明細胞肉腫というガンが見つかり、わずか1歳半でこども病院に手術・治療のために入院しました。あれから年月が経ち、現在では完治という診断のもと元気に生活しています。

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

「危ない」ってなんだろう

 02, 2015 15:55
理科の実験で「アルコールランプ」が使われなくなった理由


先日この記事を読んだ。


「取り扱いが難しく、注意点が多く、危険だからです」



今現在の子供達に対する方針が何かおかしな方向へと向かっているような気がする。


それが公共の場だけでなく、家庭内においても浸透していませんか?




「危ない」というキーワード一つで。



確かにわざわざ危ない目に合わせる必要はないと思います。

かつて自分たちもそうだったと思いますが、危ない目にあったり、そういう経験の中で自分で「危ない」「危なくない」を判断していたはずです。


今の世の中、とにかく子供からは「危ない」ものは排除。

なぜそうなってしまったんでしょうか?


それはあまりのも親が子どもを過保護にしてしまったからだと思います。

子どもがかわいい、それはどの親もそう思って当たり前です。

どの親も自分の子供が危険な目に合うことを望んでいる人はいません。




でも一番の「危ない」ことは「危ないことに気づかない無知さ」だと思うのです。






にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へにほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。